FRAX®への歓迎

このFRAX®は患者さんの骨折リスクを評価するために、が開発したツールです。 これは個々の患者さんをベースにしており、臨床上の危険因子ならびに大腿骨頸部の骨密度(BMD)を組み合わせてリスクを計算しています。

Dr. John A Kanis

Dr. John A Kanis
Professor Emeritus, University of Sheffield

このFRAX®のモデルは、ヨーロッパ、北米、アジア、オーストラリアでの人口に基づくコホート研究から開発されました。このサイトで利用できるFRAX®は最も高機能なものでコンピューター処理されます。 危険因子の数に基づいてリスクを評価する簡単なペーパー バージョンのツールもあり、ダウンロード可能です。

FRAX®のアルゴリズムは、10年以内の骨折発生リスクを算出します。 10年以内の大腿骨近位部骨折の発生リスクと10年以内の主な骨粗鬆症骨折(脊椎、前腕、股関節部あるいは肩部の臨床的な骨折)の発生リスクが出力されます。

Clarification

The University of Sheffield launched the FRAX tool in 2008. At that time the University hosted the The World Health Organisation (WHO) Collaborating Centre for Metabolic Bone Diseases (1991-2010), and the FRAX tool is based on data generated from that centre. However, FRAX was neither developed or endorsed by WHO . Any references to the ‘WHO tool’ or to the WHO Collaborating Centre after it finished its work in 2010 are incorrect.

FRAX Desktop Application

Click here to view the applications available

Web Version 4.0

View Release Notes

Links

20462850
Individuals with fracture risk assessed since 1st June 2011